Home 第14回 関東学生女子ソフトボール春季リーグ戦
  • お問い合わせフォーム
  • 登録用紙ダウンロード
  • 日本ソフトボール協会

第14回 関東学生女子ソフトボール春季リーグ戦

標記の大会が令和元年5月4日~6日埼玉県大類ソフトボールパークで行われています。

1回戦 5月4日(土)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
山梨学院大学 0 0 1 0 1 1 0 3
順天堂大学 0 0 0 0 0 0 0 0
  • 先攻:豊田-菊地  後攻:荒巻・岩本・富澤-佐藤
  • 二塁打:菊地・諏訪(山学)
  • 三塁打:佐藤(山学)
  • 本塁打:小林(山学)

3回表、1アウトで迎える2番小林がライト柵越えホームランを打ち1点先制。

5回表、1アウトランナー無し。3番佐藤がライト線を抜ける三塁打を打つと、2アウトから田波がセカンドのエラーを誘い1点追加。

6回表、1アウト、9番諏訪がレフトオーバーの二塁打を打ち、続く1番久保田がセンター前ヒットで、1点追加。

7回裏、3番小谷田がショートに内野安打を許すも無失点で抑え、3−0で勝利。

2回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
山梨学院大学 0 0 7 0 0 0 0 7
淑徳大学 1 0 1 0 0 0 0 2
  • 先攻:信田・勝田-菊地  後攻:寺田・島村・中澤-小澤
  • 二塁打:山田(山学)小澤(淑徳)
  • 本塁打:菊地(山学)菅原(淑徳)

1回裏、2アウトから3番辻に死球を許し、4番衣笠がセンターへの打球を小林が飛び込むが後逸し、その間にランナーが還り1点先制される。

3回表、9番諏訪が死球で出塁。続く1番久保田が、1.2塁間を抜きランナー1.2塁。2番小林が四球で1死満塁になると、3番佐藤がショートゴロ。ショートの悪送球で1点獲得。

続く4番山田がランナーを一掃する左中間を破る2塁打を放ち更に3点追加。5番田波がショートに内野安打、1アウト1.2塁。続く6番菊池が左中間柵越えスリーランホームランを放ち更に3点追加しこの回一挙7得点。

3回裏、先頭、1番菅原にソロホームランを許し1点追加を許す。その後、投手勝田に変わり、最終回まで0で抑え7-2で勝利。

ご声援、ありがとうございました。

本日2勝し、勝点6を獲得しました。

明日は11時40分から東海大学、14時10分から東京国際大学と大類ソフトボールパークB面で試合を行います。

優勝できるよう、一戦一戦頑張ります。

引き続き応援、よろしくお願い致します。

ソフトボール部マネージャー    田岡

3回戦 5月5日(日)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
東海大学 0 0 0 1 0 1
山梨学院大学 4 1 3 3 x 11
  • 5回コールド
  • 先攻:成田・伊東・千葉-齊籐  後攻:豊田-菊地
  • 二塁打:小林(山梨)
  • 三塁打:山口(東海)
  • 本塁打:菊地(山梨)

1回裏、1アウト、2番小林がライト前で出塁し、3番佐藤、4番山田が共にセンター前ヒットを打ち、1アウト満塁。5番田波がアウトになるも、6番菊池が満塁ホームランを放ちこの回一挙4点を先制した。

2回裏、ノーアウトから8番半田が1.2塁間を破るヒットで出塁。続く9番諏訪がセーフティーの内野安打でランナー1.2塁。2番小林がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放ち1点追加。

3回裏、5番田波がセンター前で出塁し、6番菊池が四球。続く7番比嘉の犠牲バントで1アウト2.3塁になると、8番半田のセンター前ヒットで1点追加。2アウト、2.3塁で迎える1番久保田がランナーを一掃するライト前ヒットで2点を追加し、この回3点獲得。

4回表、3番代打の山口がライト線を抜ける3塁打を放つと、続く4番辨野がレフト前ヒットを許し1失点。

4回裏、3番佐藤がライト前ヒットで出塁。1アウト2塁。5番田波がセーフティーで1.3塁にすると、続く6番菊池のレフト前で1点を追加し、1アウト1.2塁。7番代打山本がセンター前を放ち、満塁となった。その後、代打松本、常澤が共に四球で押し出し。2点を追加し、この回3点獲得。

5回表、先発豊田が三者凡退に抑え、5回コールド11−1で勝利。

4回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
東京国際大学 0 0 0 0 0 0 0 0
山梨学院大学 0 0 0 0 1 2 x 3
  • 先攻:高鷹・柏原・吉田-横山  後攻:信田-菊地
  • 二塁打:諏訪・菊地・滝川(山梨)

5回裏、7番比嘉がポテンヒットで出塁。8番半田の犠牲バントで1アウトランナー2塁。その後2アウト2塁となり、1番久保田がレフト前ヒットを放ち、その間にランナーが還り、待望の1点を先制した。

6回裏、1アウトから6番菊池がレフト線へツーベースヒット。7番比嘉のピッチャーゴロの間にランナーが3塁に進塁。2アウト3塁となり8番代打松元が四球で1,3塁。続く9番代打滝川が右中間へツーベースヒットを放ち、その間に2点を追加した。

7回表、信田が三者凡退に抑え3-0で勝利した。

本日も2勝することができ、現在(4戦全勝・勝ち点12)を獲得しました。ご声援、ありがとうございました。

明日は、1410から大類ソフトボールパークA面で城西大学(3勝1分け・勝ち点10)と優勝決定戦となります。引き分け以上で優勝となります。4季連続14回目の優勝を目指して頑張ります。引き続き、応援よろしくお願い致します。

ソフトボール部    マネージャー田岡

5月6日(月)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
城西大学 0 0 0 1 2 0 0 3
山梨学院大学 0 0 0 0 0 0 0 0
  • 先攻:遠藤・柄澤-小嶋  後攻:豊田・勝田-菊地
  • 二塁打:青山(城西)

4回表、 1アウトから5番今田がレフト前で出塁すると、6番三浦が3塁線を抜けるヒットを放ち、 1アウト1.3塁となる。続く7番藤原にエンドランを決められ、1点を先制される。

5回表、9番小嶋がレフト前ヒットで出塁し、1番小暮の犠牲バントで 1アウトランナー2塁。2番薗部の内野安打でランナー 1.3塁。3番岩佐を三振にするが、その間に1塁ランナーに盗塁を許し、2アウト2.3塁。続く4番青山がランナーを一掃するライト前ヒットを打ち2点追加される。

攻撃でチャンスを作るも得点することができず3-0で敗れた。

優勝決定戦となった城西戦は相手投手に散発5安打に抑えられ、チャンスは作るものの、得点するに至らず3-0で敗れ、残念ながら準優勝という結果に終わりました。

今回出た課題を必ず克服し、インカレ優勝を目指し、精進してまいります。

引き続き応援の程よろしくお願い致します。

ソフトボール部

マネージャー       田岡

 

ページのトップへ