Home 第34回 東日本大学女子ソフトボール選手権大会
  • お問い合わせフォーム
  • 登録用紙ダウンロード
  • 日本ソフトボール協会

第34回 東日本大学女子ソフトボール選手権大会

標記の大会が7月6日(土)~8日(月)長野県伊那スタジアム・富士塚スポーツ公園運動場で開催されます。

1回戦 7月6日(土)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
仙台大学 0 0 0 0
山梨学院大学 3 8 4x 15
  • 3回コールド
  • 先攻:坪井・平塚・小野-赤井  後攻:勝田-菊地
  • 二塁打:田波(山梨)
  • 三塁打:田波(山梨)

1回裏、1番久保田がセンター前ヒットを放ち、続く2番小澤が三遊間を抜けるヒットで出塁すると、4番山田のセンターオーバーで1点先制。ツーアウトランナー1.2塁から6番菊池が四球で出塁し満塁とする。続く7番半田がライト前ヒットを放ち2点追加し、この回3点獲得。

2回裏、8番田波がライト線を破るスリーベースヒットを放つと、9番諏訪のセフティーバントを決め、ノーアウト1.3塁とすると、1番久保田のセンター前ヒットで1点追加。続く2番小澤、3番滝川が連続安打し、1点追加。ノーアウト満塁で4番山田がレフトへの犠牲フライを放ち1点追加。続く5番小林が相手のミスを誘い出塁すると、6番菊池も四球で出塁。ツーアウト満塁で8番田波のライト前タイムリーで中継ミスもあり3点追加。ツーアウトランナー3塁から9番諏訪のセンター前ヒットで1点追加。この回一挙8点獲得。

3回裏、2番小澤、3番代打松元が四球で出塁。4番山田の内野安打でノーアウト満塁とする。5番小林、6番菊池が四球で出塁し、8番田波がセンターの頭を超えるタイムリーを放ち、この回4点獲得し3回コールドを決めた。

2回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
日本体育大学 1 0 0 0 1 0 0 2
山梨学院大学 4 0 1 0 0 0 x 5
  • 先攻:浅井・清水-安川  後攻:勝田・信田-菊地
  • 二塁打:半田・清水(山梨)
  • 本塁打:須藤(日体)

1回表、ツーアウトから3番亀田、4番木原、5番阿部に連続ヒットを打たれ、1点先制される。

1回裏、1番久保田がライト前ヒットで出塁すると、3番滝川がピッチャーのエラーを誘い、1アウトランナー1.2塁となると、4番山田のライト前ヒットで1点を返す。続く5番小林もライト前ヒットを放ち、1点追加。ツーアウト2.3塁で迎えた7番半田が右中間を破るツーベースヒットを放ち2点追加。この回4点獲得。

3回裏、6番菊池がレフト前ヒットで出塁すると、7番半田がセフティーバントを決め、ランナー1.2塁とチャンスを広げると、8番田波がレフトの頭を超えるツーベースを放ち、1点追加。

5回表、7番須藤にソロホームランを許し、1失点。

7回表、7番須藤にセンター前ヒットで出塁を許すも、0点で抑え5対2で勝利した。

ご声援ありがとうございました。

二回戦、日本体育大学戦では、全日本総合予選でのリベンジを果たす事が出来ました。明日の試合も全員総力で一戦一戦、戦います。

引き続き応援の程、よろしくお願い致します。

マネージャー 田岡

準々決勝戦 7月7日(日)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
金沢学院大学 0 0 0 0 0 0 0 0
山梨学院大学 1 0 0 0 0 0 0 1
  • 先攻:福田-氏丸  後攻:勝田-菊地

1回裏、3番田波がレフトフライを放つも相手の捕球ミスによりツーアウトランナー2塁となり、4番山田のライト前ヒットにより1点先制。

その後、投手の好投が続き両チームとも得点できず、むかえた7回表に先頭打者を出すも0点に抑え1対0で勝利。

準決勝戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
東京国際大学 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
山梨学院大学 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 2
  • 9回タイブレーク
  • 先攻:尾田-横山  後攻:信田-菊地

ヒットで出塁するも得点に繋がらず厳しい展開が続いたが、投手信田の好投により9回タイブレークに持ち込んだ。

9回表、1番中津が送りバントを決められ、ワンナウトランナー1.3塁で2番大國のエンドランにより1点先制される。

9回裏、2番田波がレフト前ヒットでノーアウトランナー1.2塁にすると4番山田のレフト前ヒットにより1点獲得し振り出しに戻した。

ワンナウトランナー1.2塁で迎える6番菊池がセンター前ヒットを放ち1点追加し、サヨナラ勝ちを決めた。

ご声援ありがとうございました。

2戦とも1点を争う試合となりましたが、粘り強く戦い抜く事が出来ました。明日は富士大学との決勝戦となります。

全員総力で優勝を目指して頑張ります。

引き続き応援の程、よろしくお願い致します。

マネージャー 田岡

決勝戦  7月8日(月)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
山梨学院大学 0 0 0 3 0 3 0 6
富士大学 0 0 0 0 0 0 1 1
  • 先攻:勝田-菊地  後攻:苅込-佐々木
  • 二塁打:加藤(富士)
  • 三塁打:久保田(山梨)
  • 本塁打:松元・岡嵜(山梨)木村(富士)

4回表、5番小林のライト前ヒットと菊池のファーボールでランナー1.2塁のチャンスを作る。その後半田が送りバントを決め、2アウトランナー2.3塁。続く8番松元がホームランを放ち3点先制。

6回表、2アウトから7番半田が出塁し、続く8番松元がライト前ヒットを放つ。ライトのエラーにより、ランニングホームランとなり2点追加。その後、代打岡嵜がライトへのホームランを放ち1点追加。

7回裏、5番木村にソロホームランを浴びるも、その後は得点を与えず6対1で勝利。

ご声援ありがとうございました。

6年ぶり2度目の優勝を果たすことが出来ました。今大会の経験を自信に変え、インカレ優勝に向け、チーム一丸となって精進して参ります。

引き続き応援の程よろしくお願い致します。

マネージャー 田岡

 

ページのトップへ