Home チーム登録の改正・教員選手権大会・春季小学生大会について

チーム登録の改正・教員選手権大会・春季小学生大会について

標記の件について、日本ソフトボール協会総務員会及び理事会で審議検討した結果、次のようになりました。

1 チーム登録規定の改正

 ・ハイシニアチームの年齢引き上げ

平成29年登録より3年間をかけて年齢を68歳以上に引き上げる。

平成29年度登録については66歳以上とする。昭和26年4月1日以前に生まれた方)

(昭和25年の記載は誤りで、26年4月1日です。訂正します。)

2 全日本春季小学生大会に向けた合同チームの編成について

※平成29年3月の大会より適用 

少子化に伴いソフトボール小学生チームのクラブ員が少なくなり最上級学年が抜けると試合ができる人数に満たないチームが多く出ている。

中学校、高等学校でも新人戦の合同チームを認めているので、一定の条件を満たせば合同チームを認める。

(条件)

1、その年の6月30日までに日本ソフトボール協会に登録しているチームであること。

2、チーム編成が困難となったチーム(選手が9名以下)であること。

3、合同チーム名は6月30日までに登録した両チーム名の連名とするが、大会参加については愛称の使用を認める。

4、合同チームについては、最上級生が抜けたチーム編成が困難となり春季大会に出場することができなくなるチームに参加の機会を与える

ことを目的としており、優秀な選手を選抜した勝利至上主義的な合同チームであったはならない。

3 教員チームの種別変更と全日本教員選手権大会について

※平成29年度より適用 

平成29年度登録より教員チームを現在の競技種別から生涯種別に変更する。

全日本教員選手権大会はゴムボール使用大会となる。参加チーム数は現行通り地区割り当てを行い32チーム大会とする。

※現在、教員チームとして登録しているチームが29年度登録にあたり、現行通り革ボールでの活動を望むのであれば競技種別である

クラブチームとして登録し、クラブチームとして活動していただくこととなる。

ページのトップへ